ヒアルロン酸は関節にも効果があるというのは、本当なのでしょうか? 実を言うと、ヒアルロン酸は、元々は関節痛の治療法として、研究・開発されたのです。 ヒアルロン酸は人間の皮膚でも重要な役割を果たしていますが、関節の潤滑油的な働きもしています。 しかし、ご存知のように、体内のヒアルロン酸は年齢とともにどんどん減少していき、肌の弾力は失われ、シワが増えていきます。 関節でも同様にヒアルロン酸が減少するため、高齢者特有の関節の病気や痛みが出てしまうことが少なくありません。 これを緩和・治療するために研究され、薬効成分として開発されたのが、ヒアルロン酸です。 ただ、当初は少量しか作ることができず、大変高額でした。 後に大量生産が可能になったために価格が下がり、化粧品やサプリメントにも入れられるようになったのです。 近頃の基礎化粧品では、それこそ100円ショップの化粧水でさえヒアルロン酸が配合されているような状態ですが、元々は化粧品になんか入れられないほど高額なものだったんです。