病院の現実

私達が病気になると病院に行くのですが、医者の診療を受けながら考えることは
医者は何を考えているか分からないことです。

 

病気を本気で治そうとしてくれているのか疑問に思うことがあるからです。病気を治すことで、
次の日から患者は来てくれないわけでから治さないほうがビジネスとしては美味しい分けです。

 

そこで治すよりも治さないほうが圧倒的に儲かるのが医者と製薬会社ということになります。
これが仮に家電の修理や車の修理の場合を考えて見ますと、完全に治さなければお客は
別の店で修理をし、二度と直せない店にはこないことになります。

 

治らなければ修理代も請求できませんから商売になりません。
ところが医療というビジネスは病気を治さなくても、治療費という名目でお金は入ってくるのです。

 

これが医療というビジネスの特殊な部分でもあるのですが、この治さないのか治せないのか
いずれ病気を治さない方がビジネスとして成り立つことだけは確かです。

 

治らない病気を抱える患者は病院をハシゴしたり、薬を変えながら次の病院に駆け込みますが、
大学で習った医学が正しいものなら、「医学が間違っていた」ために「思うように治らない」
という方に善意で解釈しますと、治さない医療ビジネスも正当性をおびて来ます。

 

患者によってはもらった薬が何の薬か知らない人もいれば、「どうせたいした薬はくれないから」と
答える人もおりますので、医者の権威を認めたフリをしているだけで、内心では疑っています。

 

このような医者と患者の関係は不幸なことなのですが、このような関係を作ってしまったのは
結局のところは医者側に問題があるからですが、名医がいたとしても悪医が駆逐してしまうので
この関係は納まることはありません。

 

つまり結論から言えば医者は正直に患者に病気の事を言うのではなく、極端な話が根本的に
嘘をつきながら日常的に商売をしているというのが現実だということなのです。

 

ですから極端な言い方をすれば、医者は嘘つきという前提でないと患者の健康は守っていることを
忘れてはいけません。その証拠に、絶対にミスを認めないということが挙げられるからです。

 

これなどは嘘をついても嘘と認めない、医者というのは、そのように教育されているのです。
大学の医局でも、どこの大病院でも必ず先輩が言うのは「ミスをしてもミスと認めてはいけません」
「手術ではミスもあるが、決してミスをしましたと言っていけない」と徹底的に教育されます。

 

何しろ相手が物ではなく人ですからこのような反道徳的な教育がまかり通るのは医者の世界だけで
あり他にはありえないことです。昨今は企業のコンプライアンス(法令順守)が厳しく叫ばれて
おりますが、医者の世界では関係ないようです。

医師の求人転職サイト リプレス